TEL.079-289-5224

ご予約はこちら
Blog

スタッフブログ

キッチンのこだわりで憧れの暮らしを叶える

2021.09.07
キッチン_アイキャッチ

理想の暮らしとキッチンスタイル

「空間のアクセントになるおしゃれなものに」「子どもと一緒に料理したい」「収納をたっぷり持たせたい」そんな家族ごとのこだわりが現れるキッチン。時代と共に、暮らしの中でも位置づけも変化しています。はりまの家相談カウンターにご相談に来られるお客様にも、キッチンを中心とした住まいをご希望される方が多い印象です。自分たちの理想の暮らしを実現させるためにも、まずは基本のキッチンスタイルのメリット・デメリットを知っておきましょう。

 

『オープンスタイル』

キッチンスタイル1「オープンキッチン」

キッチンに仕切り壁がなく、リビングやダイニングと一体的に使えるスタイルです。キッチンから部屋全体を見渡せるメリットがありますが、ニオイや煙がLDK全体に広がりやすいというデメリットもあります。

 

『アイランド』

キッチンスタイル2「アイランドキッチン」

オープンスタイルの一つにはなりますが、壁に囲まれないのでキッチンの周囲を自在に行き来することができ、大人数でにぎやかに料理を楽しむことができます。インテリア性にも優れていますが、手元が丸見えになりやすいので綿密な収納計画が必須です。

 

『セミオープンスタイル』

キッチンスタイル3「セミオープン」

一部に仕切り壁を設けたタイプのキッチンです。適度な目隠しがあるため、程よく生活感を隠しながら、リビングで過ごすコミュニケーションが取れるのがメリットです。しかし、レイアウト次第では、開放感が損なわれることもあります。

 

『クローズスタイル』

キッチンスタイル4「クローズスタイル」

独立した空間で料理に集中したい方に根強い人気のスタイルです。機能性をとことん追求することができますが、リビング空間とのつながりは持たせることはできません。
 
 
 

キッチンの“ゆずれないもの”を明確にして自分らしさを演出

キッチンイメージ1
時代の変化によって、ただ料理をするだけの場所ではなくなってきたキッチン。暮らしの中での位置づけも大きく変わり、家族構成やライフスタイルに合わせて、自分らしさを表現できる場所になってきました。スタイルごとの特長を理解した上で、キッチンに対するこだわりの優先順位を考えることで、より理想の暮らしに近づけるでしょう。「見せるキッチンにしたいか、生活感を隠してしまいたいか?」「家族とのコミュニケーションをどの程度重視するか?」「機能性や収納量はどれくらい必要か?」など、一つひとつ具体的に考えてみることで、キッチンづくりにおいて、ゆずれないものが明確になります。
 
例えば、二世帯住宅を検討されている方は、以下のような視点で考えてみてはいかがでしょうか?
 
・親世帯、子世帯が揃って食事をするのはどんな頻度か?
・メインで料理をするのは誰か?
 
キッチンイメージ2
両世帯が揃うのが週末の夕食だけなら、それぞれの世帯スペースにキッチンは必要になりますし、単世帯で食事をするのが朝食のみなら、二世帯家族が共有で使用できる大きなキッチンを設けるといいでしょう。こう考えることで、家族団欒スペースの取り方も変化してきます。限られた面積&予算を最大限に活かすためにも、まずは理想の暮らし方をしっかりとイメージしてみましょう。
 
 
 

理想のキッチンで快適な暮らしを実現

キッチンイメージ3
毎日使うところだからこそ、暮らし方に紐づけて計画したいキッチンスタイル。こだわりが明確になりやすいところだけに、各住宅設備メーカーからも多彩な機能を持ったキッチンが誕生しています。「はりまの家」本にも、ご家族のこだわりが詰まったキッチンの事例を多数ご紹介させていただいています。
 
・四面を自在に使えて、家族で料理が楽しめるキッチン
・必要なところにすぐ手が届く、カスタマイズできる収納
・素材や使い勝手にとことんこだわった造作キッチン
 
キッチンイメージ4
など、理想通りのキッチンライフを満喫されている様子が垣間見られます。提携会社さんの施工例写真約1500点をご用意しているはりまの家相談カウンターでも、家族構成や暮らし方から、自分たちらしい家づくりが叶えられるようアドバイスもさせていただいています。
 
多彩な実例を参考に、理想のキッチンを実現させてください。